エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ランドクルーザー70 トゥループキャリア 1996年式
車検 2016年7月検切 走行 282,127km 備考 オーストラリア逆輸入車/国内3オーナー/5速MT
長さ 499cm 169cm 高さ 212cm 重量 1740kg 排気量 4.16L

今回ご紹介するのは、ランドクルーザー70系最大ボディの「トゥループキャリア」です。
トゥループキャリアを直訳すれば「兵員輸送車」。
このモデルは日本国内では未販売であり、実車はオーストラリア逆輸入車となります。
エンジンルーム内のプレートに記載されているモデル名は「HZJ75RV-MRQ」です。「HZJ75」は日本国内には存在しない車両型式です。
*国内の一部で消防車には存在したようです。

そして、同じくエンジンルーム内にあるオーストラリア時代のプレートには1995年12月製造の記載があり、そして、車検証上の初度登録年月は1996年5月ですので、おそらくは新車で国内に入ってきた車両だと思われますが詳細は判りかねますので明言は控えます。
また、「TOYOTA L/CRUISER BUS」との記載があります。「ランクルバス」なんて…日本国内では聞かれない新鮮な言葉ですね。

現オーナー様が国内3オーナー目となります。
初代オーナー様は東京都内で10年ほど所有されていましたが、排ガス規制の適用開始に伴い実車を手放され、山形県内の方が2オーナー目として所有していました。その隣人である現オーナー様が3オーナー目として現在所有されています。

【外観】
ボンネット、フロント左右フェンダー、ドア等に塗装色褪せや部分的な腐食が見られます。
また、下廻りにも錆・腐食が見られます(フレームの強度は問題ありません)ので見学時にじっくりとご確認ください。

【室内】
全体的に使用間があり、転席シート座面には破れが見られます。
11人乗れる仕様ですが、現在は定員6人となっています。(シートベルトは11人分揃っています。)
こんなに大きい車体なのに3ドアで、後席の乗降はバックドアからなのが特徴です。

【機関】
1HZ(4.2Lディーゼルエンジン)は始動・アイドリング・ふけ上がり共に問題ありません。
バッテリーは弱っているので交換したほうが良さそうです。
タイミングベルトは、100312km・201546km時に交換されています。
ボンネットのロックワイヤーが渋いのでロックしていません。
燃料タンクは新車オプションの2個装備(合計容量:200L)。さすがオーストラリア仕様ですね、日本列島を縦断できます。
LSPV(前後ブレーキのバランスを機械的に調整する機構)とフロントブレーキパッドは交換から1000km未満です。
リーフスプリングは定員低減に合わせて枚数が減らされています。また、1枚が折れている状態ですが交換用は準備済みです。

個人のため消費税は不要です。
リサイクル料・今年度自動車税はオーナー様のご厚意によりサービスといたします。

実車は山形県尾花沢市にあります。

250万円
画像クリックで拡大出来ます
前から
後ろから
前(右)
前(左)
後ろ(左)
後ろ(右)
【動画】外観・室内
【動画】エンジン始動


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 仙台オフィス
TEL/090-8925-7383(田村)

またはEメール↓にて
ランドクルーザー70 トゥループキャリアへのお問い合わせ

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る