エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ポルシェ マカンターボ 2018年式
車検 2023年5月 走行 39,000km 備考 スポーツクロノ レザーパッケージ 21インチ(911タイフ)シートヒーター Gホワイト エアサス LEDヘッドライト
長さ 469.6cm 192.3cm 高さ 162.4cm 重量 1900kg 排気量 3600cc
取材日2022年11月

■ ポルシェ マカンターボ
2014年ポルシェ車はカイエンより一回り小さい高級SUVマカンを販売
アウディQ5と共有する部品を持ちポルシェが生産
グレードはマカン2.0L、マカンS3.0L、マカンGTS3.0Lターボ 
マカンターボ3.6Lツインターボ
ドライブトレーンは7速PDKデュアルクラッチ4WDのみの設定となる。VW系MLBプラットフォームを使用しているため構造的にはFFベースの4駆であるが、通常走行時は前後比2:8と後輪にトルクを配分し、実際にはポルシェ独自の設定でFRが基本の設計に変更されている。また、ポルシェで初めてすべてのモデルでマニュアルトランスミッションが設定されないモデルとなる。

■ この車両はターボモデル(当時の最高グレード)400PSの出力
フロントのウインカーの位置が素のマカンとは違いターボのみ変更される
リアバンパーのデザインもターボ専用
ウエストラインもターボ専用デザイン
OPのエアサスをさらに4pダウンに設定可能になってます
乗り心地は高剛性シャーシの為、非常に良く、遮音性も高く快適な車です
OPで設定できるスポーツクロノはさらに加速が良いくなりSUV車としては最速タイムでサーキット走行も可能です(ケイマンと同等の速さ)
内装もターボはルーフライニングにアルカンタラを設定し高級感が高くなってます
シートのホールドも十分でセッティング自分に合わせる事が可能です
ナビは2世代目のポルシェ純正、ブルーツゥースで携帯を繋げる事が可能
純正21インチと低い車高でスタイリングも最高です
新しい車両の為、外装、内装、エンジン、足回りは上質で新車時の性能を維持してます
走りも楽しむ事が可能なSUVはマカンが一番だと思います
新車時のOPは200万以上の車両になります
素のマカンとは走りも見た目のオーラも違うマカンターボは特別なSUVですね

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
777万円→700万円
画像クリックで拡大出来ます
LEDヘッドライトはOP 
 
通常のダウン状態 
 
 
一番低い車高 
 
 
レッドキャリパー純正 
 
リア 
サイド 
サイド 
フロント 
トランク 
 
リアは新車のようです 
 
 
 
 
 
 
サポート調整可能な本革ヒーター付 
走行距離 
エアサスOP ショック操作部分SW 
スポーツクロノOP 
 
 
LEDヘッドライトOP 
TURBO 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 福島
TEL/090-9633-4263(志賀)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
enthu@kraft62.com

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る