エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ポルシェ ボクスター (Type986) 2003年式
車検 2022年2月 走行 71,370km 備考 5速MT ディーラー車 後期モデル
長さ 432cm 178cm 高さ 128cm 重量 1340kg 排気量 2680cc
取材日2021年12月11日

<ポルシェ ボクスターについて>

ボクスター(Boxster)はドイツの自動車メーカーポルシェが製造・販売するロードスターモデルである。
初代ボクスターは1993年のデトロイトオートショーで発表されたプロトタイプボクスターの
市販車として1996年に登場。
名前の由来は水平対向エンジンを表す「ボクサー」(Boxer)とオープンカーを表す「ロードスター」(Roadster)を掛け合わせた造語である。

エンジンはボクスターのために新規開発された水平対向6気筒エンジンをミッドシップに搭載している。
カムシャフト回転角を最大40度まで無段階調整ができるようになった新型のバリオカム(バリオカム・プラス)を採用。
インターミディエイトシャフトと吸気側と排気側カムシャフトが1本のタイミングチェーンで駆動されるようになり、カムシャフト駆動機構がシンプル化された。

また、シリンダーライナー下端にバイパスチャネルも設置され、クランクケース内で燃焼ガスが循環しやすくなり、ピストンの往復運動によるポンピングロスが減少した。

潤滑はドライサンプだがインテグレーテッドドライサンプと呼ばれる方式を採用。
エンジン外部の独立オイルタンクを持たず通常のオイルパンの位置にオイルリザーバータンクを配置している。

ソフトトップが改良され、リアウィンドウがビニールから熱線入り安全ガラス製に替わりソフトトップの骨組みも(天井部骨組みが1本追加された)変更された。
ソフトトップの改良による空力改善もおこなわれた。

前後バンパーの形状変更、ウインカーのクリアレンズ化、マフラー形状の変更などエクステリアの変更も多い。ユーティリティではエアコン操作部に引き出し式ドリンクホルダーが装着され助手席エアバッグ下に容量5リットルのグローブボックスが装着された。

<当車両について>

後期型 正規ディーラー車、左ハンドル、
2021年5月に購入、オーナー歴不明 取説あり 記録簿なし
事故歴・修復歴なし(現オーナー時は無し)
ETC・バックカメラあり

オーナー様は、ちょっと古い車が好きで複数のエンスー車を所有されています。
しかし今までポルシェは所有されたことが無く、まずは比較的手を出しやすくポルシェの楽しさが味わえると評判の986ボクスターを探し運よく程度のいい個体に出会えて今年の5月に横浜市内のポルシェ専門販売店にて購入されます。

購入後、埼玉県内のポルシェ専門メンテショップ2店舗を回り車両状態の確認とメンテナンスを依頼されたそうです。
両ショップの方ともに「とてもいい状態の個体ですね」と仰って頂いたそうです。
例えば、ウィンドウウォッシャタンクやクーラントリザーブタンク等劣化しやすい樹脂部品が交換されているなど今まで見てきた986の中でもいい個体とのことでした。
車輛購入時にタイヤはNマークのついたものが装着されており歴代オーナー様が拘りのある方だったかもしれません。

現オーナーが購入後、ポルシェセンターにメンテナンス履歴の問い合わせをされたそうです。
2010年5月にインターミディエイトシャフトベアリング問題の対応でエクスチェンジエンジンに交換がされているそうです。
(走行距離26000Km時)。

その他にも定期部品交換や車検整備の履歴も確認されたそうです。
(走行距離51000Km時)。

複数のエンスー車を所有されるオーナー様ですが、車両の整理集約とステップアップのため大事に維持していただけるエンスーな貴方にお譲りしたい、ということで掲載する運びとなりました。

<外装>

バイオレットブルーメタリックのボディは艶も有り良好です。
オーナー様はボディカバーを2枚掛けて保管されているとのことでした。

年式相応の経年変化は若干見られます。

運転席側フロントフェンダー・運転席ドアにタッチアップ跡
助手席側リアフェンダーにエクボが見られました。

オープンカーの肝となる幌は布地です。
リヤスクリーンは後期型なのでガラス製になっております。
透明度もあり綺麗な状態です。
幌の開閉もスムーズに行えました。

詳細はご見学時に現車確認をお願いします。

<室内>

グレーのレザーとアルカンターラの組み合わせのシートは綺麗な状態です。
メーターパネルはボディと同色になっております。

ダッシュボード上面のクラック等ありませんでした。

オーナー様より下記パーツの不具合があるそうです。
・オーディオパネルのチャンネル調整ノブが経年変化でベタベタしています。

詳細はご見学時に現車確認をお願いします。

<エンジン>

始動性はとても良好でアイドリングも安定しており、異音も特に感じられませんでした。
また、始動時の白煙とオイル臭もありませんでした。

オーナー様は購入後、約40万円かけてポルシェメンテ専門店での点検・メンテナンスと下記パーツの交換をされているとのことです。
 ・タイヤ交換(ミシュランパイロットスポーツ4)
 ・バッテリー交換
 ・キーシリンダスイッチ交換
 ・プラグ交換
 ・エンジンオイル交換
 ・ミッションオイル交換

もっと交換部品があるかとオーナー様は思っていたそうですがショップの方からは「状態がいいからこのくらいで良いよ。最近986ボクスターの依頼が増えてきていているが部品やオイル交換がされていない車とか、下回りやサスペンションにダメージがある車とかオイル漏れしている車とか、テスターでチェックするとエラーがたくさん出る車などがとても多いがこの車両はどれも当てはまらずとても状態がいいと思う」とのことでした。
プラグとオイルは交換する必要は無いと言われたそうですが現オーナー様が安心のためにショップおすすめのオイルに交換されたそうです。

<取材後記>

オーナー様のご厚意により、同乗走行させていただきました。
吹け上がりの軽いエンジン&心地よいボクサーサウンドで幌を開ければオープンエアでドライバーの心をくすぐりドライブする楽しさを五感で感じさせてくれるクルマだなと思いました。
(youtubeに動画アップしましたので宜しければご確認ください)

コンディション維持のため、走行距離は伸びますことをご了承ください。

なお、オーナー様ご多忙のため、ご見学については購入検討の方のみに限らせていただきます。

個人のため、消費税はかかりません。
リサイクル料(19550円)及び自動車税の残存期間分はオーナー様のご厚意によりサービスさせて頂きます。

尚、オーナー様より
車検前(2022年2月まで)に購入される方がいらっしゃいましたら5万円お値引きしますとのことでした。

車両は栃木県にあります。


詳細は車両見学の際にご確認ください。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
195万円
画像クリックで拡大出来ます
バイオレットブルーのボディカラーが美しい 
 
 
 
 
 
 
幌の状態は良好 
ガラス製スクリーン 
 
オープンスタイルが格好いい 
 
 
 
 
ヘッドライトは綺麗 
 
フロントバンパー下に擦れ等見られませんでした 
 
 
ドアミラーに傷あり 
 
リアフェンダーにえくぼあり 
 
 
 
バックカメラ装着済 
リアフェンダーにタッチアップ 
ドアミラーに傷あり 
運転席ドアにタッチアップ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オーディオのつまみにベタベタあり 
ドライブレコーダーがバックモニターを兼ねる 
 
 
サイドブレーキレバーのレザーに若干経年変化あり 
 
 
 
 
 
 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 栃木
TEL/090-7278-8297(佐藤)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
enthu-tochigi@mail.goo.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る