エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ポルシェ911カレラ3.2 1986年式
車検 2021年2月 走行 97,200km 備考 並行輸入車 5MT
長さ 4290mm 1650mm 高さ 1320mm 重量 1230kg 排気量 3160cc
取材日2019年12月

911カレラ3,2は83年8月に911SCの後継モデルとして登場し、「カレラ」の名の復活は77年型モデル以来の7年振りの復活でした。外見的にはフロントエアダム内にフォグランプが組み込まれたのが大きな特徴で機関的には3,2Lに拡大されたNAエンジンが過去最高の231PS/5900rpmのパワーを得ました。
またLジェトロニック燃料噴射とデジタル制御点火を組み合わせたボッシュ社製のモトロニックシステムが新たに採用されました。

今回紹介するのはポルシェカレラ3.2 1986年式です、オーナー様は4年ほど前に現車を購入されました。
外見はターボルックに変更されています、塗装の色艶も良好で特に気になるキズやヘコミなどありません。
Fフェンダー・Rフェンダー・Fバンパー・ボンネット・RSウィングはFRP製で違和感なく取り付けられ全塗装も施されており非常に綺麗に仕上がっている車両です。

内装についてハンドルはMOMO製に変更、運転席・助手席はレカロシートに変更しています。
天井内張のサンルーフ開閉部付近にほつれがありましたが生地の垂れはありません、その他ダッシュボードに変形や割れなどはなく良い状態を維持しております。

エンジンミッション機関についても現在不具合などはなく好調です、オイル漏れもありません。
ターボルックのワイドボディに装着されたタイヤサイズはフロント225/40-18・リア265/35-18です。
マフラーのメーカーは分かりませんでしたがステンレス製のものに変更されています排気音は迫力です。
クーラーは撤去しているのでありません。ボディの各部をFRPに変更され軽量化しターボルックによるワイドトレッド化の恩恵でコーナーリングは抜群だそうです。

現車は外見から走りまでとても良い状態に仕上がっております、程度良好な911をお探しの方は一見の価値ありの車両です。

車は岡山県総社市にあります。
個人ですので消費税はかかりません。
購入の際にはリサイクル料と自動車税の月割り負担をお願いいたします。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
580万円
画像クリックで拡大出来ます
塗装の色艶良好です。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
深いリムです。 
 
 
機関好調 
 
 
オイル漏れありません。 
 
 
 
 
シートはレカロです。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 岡山
TEL/090-1330-9113(フクダ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
fukuda-y@abelia.ocn.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る