エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ポルシェ 911S デラックス 1977年式
車検 2020年11月 走行 134,510km 備考ディーラー車(日本仕様) 5速MT ETC
長さ 4300mm 1610mm 高さ 1280mm 重量 1160kg 排気量 2680cc
取材日2020年1月7日

<ポルシェ 911S デラックスについて>

1964年の発表以来、現在に至るまで第1級の走行性能を持つスポーツカーとして知られており、ポルシェのフラグシップモデルである。デビュー当初から一貫してRR方式を基本としており、21世紀の現在では量産式RR車として、異色の存在となっている。また、1990年代まで四輪車では数少なくなっていた空冷エンジンを搭載していたことでも知られる。時代に応じて多少の変化はあるが、基本的な車体形状と丸いヘッドランプはデビュー以来変わっていない。

その長い歴史の中で今回ご紹介するのは1977年式 ポルシェ 911S デラックスです。
1978年からはNAモデルも930型に変更となったのでアイアンバンパーの流れをくむ901型の最終型となります。

<外装>

ホワイトのボディカラーは傷もほとんどなく、状態は良好です。

元色は茶色ですが、その後ホワイトに色変えを2回、オーナー様購入時は現在のホワイトとなっております。

901型(ナローボディ)ですが、リアフェンダーは930型と同様(いわゆるカレラフェンダー)に換装されております。おそらく初回の色変えの際に行われたカスタムかと思われます。

ガレージ保管です。

<エンジン>

マグネシウムエンジン最大の2.7Lエンジンは吸排気も含めノーマル状態です。

始動性はとても良好で、排気音も拍子抜けするほど静かです。

異音も特に感じられません。

オイル漏れに関しては常識の範疇かと思われます。

<室内>

シート表皮は張替済みの為、ツヤも有り大きな痛みは見受けられません。

天井に雨漏りのシミが有りますが、雨漏りに関してはかなり手間暇を掛け修理済みです。

乗車定員は4名となっております。

ヒーター・クーラーも問題無く機能します。

もちろん、計器類の動作に問題はありません。

<その他>

購入後およそ3年が経過してますが、その間まめに整備をしており、総額では100万円を超えるメンテ費用をかけております。

そのおかげか出先ではノントラブルで、真夏の長距離ドライブであっても問題はなかったそうです。
(クーラーもちゃんと効いたので人もノントラブルでした(笑 )

現在装着のホイールは通称クッキーカッターの15インチです。

別途とはなりますが、フックスの15インチ+ピレリCN36がありますので、ご希望の方はお申し出ください。
(ホイールセットのみの販売は致しません。)

個人のため、消費税はかかりません。リサイクル料及び自動車税の残存期間分は別途ご負担下さい。

車両は栃木県にあります。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
444万円
画像クリックで拡大出来ます
おなじみのフロッグフェイス 
 
 
 
 
カレラフェンダーに換装されている 
 
 
 
 
 
モールの状態は良好 
 
 
 
 
 
 
 
オートアンテナは正常に可動 
 
 
 
 
 
 
 
 
純正ラジオも動作に問題なし 
フロアの状態良好 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
元の茶色が見える 
 
 
 
ヒューズは直近のメンテで全て新品に 
リアウインドウが開くのが901型の特徴 
Fuchs Wheels+CN36 
夏の菅平にて撮影 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 栃木
TEL/090-1662-8593(吉田)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
enthu-tochigi@mail.goo.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る