エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


FIAT Panda 1000 4WD 1992年式
車検 2019年10月 走行 75,000km 備考 パートタイム4WD 左ハンドル MT クーラー ETC CD
長さ 3430mm 1530mm 高さ 1510mm 重量 830kg 排気量 990cc
取材日2019年9月14日

このモデルはFFをベースにした4WDです、パートタイム式を採用。
ワイヤー式のレバーを引くと、直結4WDに切り替わるというもので、前置きエンジンでパートタイム4WDは世界初のメカニズムです。

外装
サイドモールが ゴム製に変えられています。
色は紺のメタリック 所により再塗装されたようです。
ウェザーストリップも綺麗な状態です。
ガラスのモールも問題ありません。
石はねも目立ちませんでした。
よく見ると 左右で多少バンパーなどのチリが違いますが、これは当時のフィアット品質なのでしょう。
ボディのフィニッシュも錆がありません。
下回りが 凄く綺麗な車です。
ご購入時に再塗装したそうです。
ホイールにも嫌な傷は見つけられませんでした。バックミラーも擦った後はありません。
駄目なところを 出しますと ボンネットは再塗装されており その時の前処理が良くなかったのか 錆からの塗装の浮きが有ります。 割れも数か所見つけられました。(最近出てきたそうです)
後は トランクに軽い凹みがありますが オーナー様が手でぶつけたそうです。(裏から押せば 治りそうです)
右リアフェンダーは 板金で現オーナー様が 治されたそうです。

内装
シートなどは 運転席を除き 良い状態です。
天井は 落ちてきたので 剥がしてあります。
サンバイザーは 後付けです。
ドアの内張はオリジナルではありませんが、綺麗な状態です。
大森のタコメーターが装着されていますが 時々 変な動きをするそうです。
ステアリングは アウトビアンキの物に変えてあります。
オドメーターは正常ですが トリップが動かないそうです。
ナビ側 ベンチレーションのルーバー、クーラーの吹き出し口の片方 が破損しています。
クーラーは 購入時効いたそうですが 今はガスが抜け効かないそうです。
パワーが落ちるので つけないのが オーナー様流です。
当日は 暑い中扇風機で快適でした。
ABCペダルは非常にタイトで 靴を選びます。
運転席シートは 一番擦れる場所が 上張りされています。

 

機関
始動性も良く 元気に走ります。
オイルの滲みは有りますが 駐車スペースは汚さないそうです。
購入から4年乗って イグナイターが壊れたくらいだそうです。
タイミングベルトは 4年前交換してあります。
高速で100キロ巡行もできます。
非力ですが 車重と ギアのおかげで 気持ちよく走ります。
ブーツなどは 新品のようでした。
マフラーやデフなども綺麗で問題なさそうです。
アイドリングは ジャスト1000で安定しています。(メーター読み)

今回オーナー様と試乗しましたが 元気な車です。
ギアの選び方もいいのか 凄くスムーズに楽しく走れる車です。
車高のわりに シッカリしていました。

車両は山梨に有ります。
リサイクル券と税金の月割りはお願いします。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
57万円
画像クリックで拡大出来ます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 山梨
TEL/090-2721-8885(馬場)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
enthu.yamanasi@gmail.com

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る