エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


トヨタ スポーツ800 1966年式
車検 2019年11月 走行 37,403km(不明) 備考 複数オーナー/4速MT
長さ 356cm 146cm 高さ 115cm 重量 600kg 排気量 0.79L

1965年3月から1969年4月の4年間のみ販売された"ヨタハチ"こと"トヨタ・スポーツ800"。
日本のライトウェイト・スポーツカーの夜明けをホンダS600と二分したモデルです。

【外観】
約1年前にフルレストアが完了しています。レストア時の画像の一部はこちらでご覧ください。
元色は赤でしたがレストア時に現オーナー様の好みにより濃いめのブルーが選ばれています。そして、ルーフとホイールはホワイトにすることによって、鮮やかなコンストラクトが生み出されています。
塗装は艶やかな光沢を放っており、外観全体も見て回って目に留まるような傷やヘコミは見当たりません。なお、細部までじっくりと見ていきますと塗装内に気泡が見られる箇所も部分的にありますので見学時にじっくりとご確認ください。
ウェザーストリップゴム類は当時物をあえて使用しており多少の傷みは見られます。(リビルト品はネットで手に入るそうです。)
トランクフードはFRP製です。キーシリンダーのカバーが欠品しています。
車高は若干ローダウンさせており、ホイールはRSワタナベ、タイヤサイズは165/60R13でほぼ新品の状態です。

【内装】
運転席シートの背もたれ・座面に破れが見られますが、2脚ともに当時物のオリジナル品であり、オーナー様はあえて張替えを行っていません。
フロアカーペットは取り外していますが、保管してありますので付属となります。
天井内張りに破れはありませんが、多少のシワが見られます。
ロールバーが装備されています。
メーター類は次のような状況です。
・電圧計が接続されていません。(代わりにインジケーターを装備しています。)
・油温計が接続されていません。(センサー無し)
・油圧計は故障しています。

【機関】
エンジンはレストア時にメタル・ピストンリング交換なども含むフルOHが実施され、また、同時にキャブレターもOH済みです。
その他に、
・バッテリー新品交換
・セミトラ・オルタネーターに変更
・ショックアブソーバー新品交換
・ブレーキ関係の点検/交換
・中間パイプ新品交換

790ccの空冷水平対向2気筒OHVエンジンは現在も至って快調であり、取材時に当日最初の始動でも一発で始動するのも確認しており、ミッションも問題なく気持ちよく走行しています。

留意点は次の通り。
・チョークワイヤーは繋いでいません。
・マフラーのタイコとフィニッシャーの間にぐらつきあり。

【予備パーツ】
新品・中古パーツを多数お付けいたします。
「新品」スチールホイール4本、リーフスプリング、エアクリーナー、オイルエレメント、ブレーキホース、他。
「中古」ホイールキャップ(メッキ仕上げ済み)、ブレーキライニング、クラッチディスク、マフラー(中間)、ヘッドライト、ダイナモ、フェンダーミラー、トランクフード(アルミ製)、ステアリング、内張り、他。

オーナー様は他に欲しい車両があり、車庫整理のために惜しみつつも手放されるとの事で、代わりに大切にしてくださる方を探されています。

個人のため消費税は不要です。
リサイクル料及び平成30年度自動車税はオーナー様のご厚意でサービスといたします。

実車は宮城県仙台市にあります。

450万円
以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
画像クリックで拡大出来ます
左右シートは当時物
キーシリンダーのカバーがありません
予備パーツ多数あり
【動画】外観・室内
【動画】エンジン始動
【動画】走行


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 仙台オフィス
TEL/090-8925-7383(田村)

またはEメール↓にて
トヨタ スポーツ800へのお問い合わせ

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る