エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


レンジローバー バンデンプラ 1994年式
車検 2019年10月 走行 141,227km 備考 2オーナー/ディーラー車/右ハンドル/4AT/定員5名/型式:E−LH40D/原動機型式:40D /社外ナビ、ETC
長さ 4680mm 1820mm 高さ 1790mm 重量 2080kg 排気量 4270cc
取材日2018年9月9日

●レンジローバー バンデンプラにつきまして●

オンロード・オフロードを問わない高い走行性能をもちながら、「4WDのロールスロイス」と呼ばれる、快適性とラグジュアリー性を兼ね備えるランドローバーのフラッグシップモデルが『レンジローバー』です。
クラシックレンジとも呼ばれる初代レンジローバーは1970年にデビューし、1994年に2代目のセカンドレンジが発売された後も1996年まで併売され続けました。
スクエアなボディ、丸目2灯というオーソドックスなデザインは、時代や流行に左右されない魅力があり、デザイナーや音楽家、ファッション関係などの方たちに高く支持されています。またメルセデスGクラスと並び、かつては富裕層がこぞって所有したステイタスシンボルでもあります。
日本で正規販売されたクラシックレンジは、90年〜93年までの前期モデルと94年と95年の後期モデルに分かれます。後期モデルでは、価格が大幅に見直された反面、エアコンがいまの代替えフロンを使う今のエアコンタイプに変わっており維持しやすくなっています。
当初は2ドアモデルだけでしたが、1992年に、 4.2リッターエンジンを搭載したロングホイールベースモデル(日本名バンデンプラ、ホイールベース108インチ)が追加されました。バンデンプラの後部座席は大人が足を組めるくらい足元が広く、大変快適です。

●今回ご紹介するお車につきまして●

後期モデルの94年式のレンジローバー バンデンプラです。
現オーナーさんでツーオーナーになります。
4年ほど前に同車種を探されていたオーナーさんが、たまたまお知り合いになった専門店の店長さんからちょうど同車種の売却を検討されていた前オーナーさんをご紹介され入手されました。
入手時には同専門店によりきちんと整備した上で入手され、その後も同店でメンテされており現在も好調を維持しております。
外装内装機関を含め大変オリジナル度が高いお車です。

●外装●

光の加減で色が異なって見えるオリジナルのグリーンの外装色です。
リペイント等されていないので、細かな傷等は散見されますが、全体的に良好な状態です。
撮影時には、ボンネット等にワックスのふき取り残し痕がみられましたが、磨き直せばきれいになるレベルかと存じます。
その他モール類は劣化や退色がみられる箇所がございますが、いい風合いを出しています。

●内装、電装関係●

明るいベージュ色の本革シートも使用によるスレ等はございますが、概ね良好な状態です。
天井は前オーナー様により、張り替えられており綺麗な状態です。
内装ウッドパネル部分は経年劣化によりところどころヒビが入ってきている箇所(特にドア部分)がございます。
オーディオは純正オーディオにカロツェリアのナビを追加しております。
純正オーディオはラジオは聞けますが、カセットは未使用のため動作未確認とのこと です。
エアコンは問題なく効きます。
解放感を演出するサンルーフや各パワーウインドーも正常に稼働します。

●機関、足回り等●

タイヤの山は十分あります。
コイル式に交換されている車両が多いエアサスですが、小さなお子さんを乗せることも多く、乗り心地を重視して純正のエアサスを維持しております。
現状、不具合はないとのことです。
取材時も一発始動でエンジンのアイドリングは安定していました。
上記の専門店にて定期的にメンテナンスしており好調を維持しているそうです。
主な整備履歴は次のとおりです。
すべてではありませんが、記録簿が保管されておりますので詳細はご見学時にご確認ください。

●主な整備履歴(記録簿から確認できるもの)●

(2004年9月)
エアエレメント交換
Fブレーキパッド、ローター交換
F右ハブベアリング交換
電動ファン用水温計交換
ヒーターホース交換
サーモスタット交換

(2005年6月)
ガソリンタンク(リコール)交換
右Rドアレギュレーター交換

(2007年7月)
車検
エンジンオイル、オイルエレメント交換
バッテリー交換
F、R左右トラックロッドボールジョイント交換
Rマフラー交換
ステアリングギヤBOX交換
エンジンオイルプレッシャースイッチ交換

(2013年10月)
車検
エンジンオイル、オイルエレメント交換
F、Rワイパーラバー交換
Fカバーガスケット一式交換
インマニカバーガスケット一式交換

(2015年10月)
車検
エンジンオイル、オイルエレメント交換
Rゲートダンパー交換
テールゲートスイッチ交換
左右エンジンマウント交換

(2017年10月)
車検
エンジンオイル、オイルエレメント交換
右Rパワーウインドレギュレーター交換
F、Rワイパーラバー交換

●取材者私見●

撮影場所の某カフェの駐車場に置いても、ひときわ存在感を放つ風格はさすがといった感じです。現行車と違った普遍的なデザインですね。
オーナーさんはあまり遠出しませんが主に週末のドライブやお子さんの行事への送迎に使用されており、平日には奥様がお買いものやお子さんの送迎にお使いになられているそうです。
視点が高く、スクエアなボディ形状のため奥様も運転しやすいとのことです。
日常使用されているため、若干走行距離が伸びますことをあらかじめご了承ください。
オーナーさんも大変気に入っており、まったく不満がないのですが家族構成の変化があり、より乗車定員の多いお車に変更されるため売却を検討されています。
このまま日常の足としてお使いになられてもいいし、レストアされるベース車としても申し分ないコンディションです。
クラシックレンジも現存する個体数が少なくなってまいりました。普段乗りにも使用可能なコンディションのお車はなお少ないかと存じます。
お探しの方はぜひご検討ください

個人売買のため消費税はかかりませんが、リサイクル料金・自動車税月割り分相当をご負担いただきます。

現車は東京都内にあります。

上記は取材者の私見に基づくところもございますので、ご購入に際しては必ず現車をご見学の上でご納得されてからご検討ください。
なお、オーナー様ご多忙のため、ご見学については購入検討の方のみに限らせていただきます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
238万円
画像クリックで拡大出来ます
威風堂々としたフロントマスク 
スクエアなリヤスタイル 
 
 
 
 
長いホイルベースのサイドシルエット 
 
 
 
 
圧倒的な存在感 
 
運転席本革シート 
 
明るいベージュの内装 
運転席座面のスレ 
助手席座面のスレ 
 
後ろ座席の状態は良好 
 
大人が足を組める後部座席の足元 
純正ステアリング 
走行は14万km超 
社外ナビを追加 
シフトは4速AT 
ドアのウッドパネルのヒビワレ 
天井は張替済み 
サンルーフが解放感を演出 
 
インシュレーターの状態は良好 
好調を維持するエンジン 
上下に分割して開くリヤゲート 
広いラゲッジルーム 
後部座席を倒すとより広大なスペースに、左後方にスペアタイヤ、積載工具を搭載 
純正積載工具完備 
ダッシュボードの状態も良好 
マニュアル、メンテナンスブック等完備 
レンズ類、メキバンパーの状態も良好 
レンズ、エンブレム類、バンパーの状態も良好 
ルーフの状態も良好 
ドアモールの退色 
ウインドモールの状態は良好 
一番目立つ線傷 
タイヤの山は十分。   
ホイールもガリ傷なし 
エキゾーストマフラー   
一度交換済み 
下廻りの状態も良好 
 
色褪せないスタイリング 
オーナーさんが一番お気に入りの角度 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 本部
TEL/090-8492-1168(イイダ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
hiroiida@mvi.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る