エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


アストンマーチン V8 ヴァンテージ 2008年式
車検 2019年7月 走行 14,600km 備考 右ハンドル ディーラー車 スポーツシフト ツーオーナー エアコン ETC 
長さ 4380mm 1870mm 高さ 1260mm 重量 1640kg 排気量 4380cc
取材日2018年6月14日

歴史漂う英国ブランドのアストンマーチン、中でもヴァンテージはベビーアストンとも呼ばれる、現行ラインナップで最小ボディを持つ唯一の2シーター、V8を積むモデルです。コンパクトかつワイドなエレガントなデザインにボンネット高が低く抑えられた、いわゆるロングノーズ、ショートデッキの古典的なスタイルにFRのトランスアスクル、ハイパワーV8と、まさにスポーツカーの王道を行くかのごとくです。ベビーとは言いながら、同レンジに存在する911のライバルとしての存在感も示します。

平成27年8月にアストンマーチン赤坂にて購入、その際の距離は約12000kmだったそうです。前オーナーが新車で購入したもので、現オーナーさんではツーオーナー目に当たります。

ボディカラーはテンペストブルーの呼称を持ちます。ブルーとは言え鮮やかとは対照的なクールな印象です。テンペストは訳せば嵐ですから、さながら嵐の前の空模様をイメージしたのかのような色合いです。ボディを見渡せば、ほとんど樹脂が使われていないのが見て取れます。Fグリルやエアアウトレット、サイドストレイカーなども金属製でした。コンデションは良好です。ヘコミはもちんん目立つキズは確認できません。唯一はリアフェンダーにガードフィルムが貼られているのですが、飛び石でしょうか、フィルムにキズが付いてしまっていました。
保管は完全屋内です。

内装は独創性を見せます。Fガラスからリアまで流れるように突き抜けるセンターコンソールと高級時計を思わせるメーターが印象的です。それぞれ傷みは見受けられませんでした。シートもレザー特有のヒビやスレは見られず、電動の動作も問題ありません。天井、内張り、各レザー部も大変キレイに保たれています。

ナビは純正ポップアップナビで、動作も問題なしです。

機関も好調、これまでも何ら不具合は感じていません。平成29年8月の車検整備が最終の点検で、この時も特別修理を要するような問題はなかったようです。前オーナーの記録簿が3枚あり、そこから部品交換履歴を抜粋しますと、平成23年6月(9321km)にFEADベルト、アイドラプーリー、左ドアラッチ交換が記されていました。その他はほぼ基本的なメンテ内容でした。

エアコンは問題なく効きます。バッテリーも問題ありません。

取説、カタログ、スペアキーはあります。

事故修復は現オーナーさんではありません。過去にもないと聞いて購入されています。

リサイクル券(22150円)と自動車税の月割りはご負担をお願い致します。

購入当初はDB9に興味があり、その実車を見に行ったところヴァンテージもそこにありました。比べてみると2シーター、V8からなるスマートなスタイリングに惹かれ、こちらの購入を決めたそうです。そもそもアストンマーチンにはオーナーさんが衝動的に魅力を感じたもので、そこにはエレガントなスタイリングからくる雰囲気が、最も重要な要素であるのが窺い知れるところで、あえてベビーアストンを選択したのもその辺りが理由に見えました。ベビーと言ってもそこはアストン、高級車であることには間違いはなく、内装などの作り込みを見れば手のかかっているのが見て取れます。ボンネットを開ければ、そこに最終検査をした人のネームプレートが貼られており、熟練した職人によりハンドメイドされた1台であるのが、ひしひしと伝わってくるのも魅力のひとつでありましょう。それを感じるために梅雨の晴れ間の高原を試乗致しました。ドアノブを押し出して、斜め上に開くスワンスイング式のドアはこれも特徴的です。乗り込んで内装をあらためて見ますと、樹脂パーツにほぼ触れないようになっているかのような作りです。例えばドアハンドルは金属製、エンジンスタートボタンはガラス製、他はレザーと、その辺りからも作り込みの妙を感じます。そのガラスのスタートボタンを押せば、すぐさま咆哮と言いたくなるレーシーなサウンドが響き渡ります。走り出せばエンジンはスムースかつパワフル、強力な加速とそこに咆哮と呼びたいエンジン、エキゾーストのサウンドが加わり、固められた足回りとともに走りはまさにスポーツカーのそれです。ミッションはスポーツシフト、パドルによるマニュアル操作も可能、時折聞こえるブリッピングも雰囲気を盛り上げるに一役買っており、スポーティに走るための全ての要素が盛り込まれている様相でした。オーナーさんは複数台お持ちのため、今回は車庫整理のため売却の運びとなりました。2シーターボディのエレガントさ、加わて野性味溢れる走りとサウンド、そこにV8ヴァンテージの魅力を見出す方はいかがでしょうか。

車両は長野県にあります。

このページの車両は車の個人売買の情報サイト「エンスーの杜」に掲載されたものです。
エンスーの杜は自動車販売店では無く、広告代理店であり、掲載車両は個人所有の物で、オーナーさんの依頼により取材を行ったものを掲載しています。
記事内容は担当者が1時間程度の取材時間の中で、オーナーさんのコメントと、見聞したものを元に作成したものですので、現車の状態を100%正確に記載しているとは限らない場合があり、記事内容に関しても全てエンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
状態等のコメントもあくまで取材時の状況及び取材担当者の主観によるものですので、月日が経過して写真や記事と異なる場合がある事をご承知おき下さい。
掲載車両に関してのご質問や現車確認のお申込はこのページの一番下よりご連絡下さい。なお個人間での取引となりますので、冷やかし防止のため、現車確認はあくまで購入を前提として検討されている方のみとさせて頂きます。
※ 個人売買のため、消費税は掛かりませんが、支払いは現金一括で現状渡しのノークレームとなります。また、 陸送等の手配は購入された方に行って頂きます。

760万円
画像クリックで拡大出来ます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ナビはポップアップ式の純正。 
斜め上に開くスワンスイング式のドアも特徴的。 
高級時計を思わせるメーターは、針がそれぞれ対照的に回ります。 
シート背後は小物が置けるラゲッジスペースがあります。 
シフトノブは存在しません。全てボタンで行います。 
 
 
 
 
 
 
 
 
ネームプレートは手作りの証。 
サイズはR275/35-19 
F235/40-19 
 
 
 
 
 
 
エンジンはフロントミッドシップ。 
4.3リッター、V8エンジンは385psを発生。 
 
 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 ながの
TEL/090−1657−4692(イケダ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
enthu2nagano@gmail.com

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る