エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


フェアレディZ S30(昭和48年前期モデル) 1973年式
車検一時抹消 走行 53,606km 備考ディーラー車、5速ミッション換装、フルレストア車、事故歴無、極上美車
長さ 4110mm 1630mm 高さ 1280mm 重量 970kg 排気量 1990cc
取材日2015年12月20日

国産スポーツカーのパイオニアとして知られる初代フェアレディ(SP310/SR311)に代わり、1969年11月にデビューしたのが二代目(S30)モデルです。

フレーム付きの古典的なオープンスポーツから、ロングノーズ、ショートデッキのクローズドボデーに4輪ストラットのサスペンションを備えた現代的なGTへと変身を遂げました。
当初のラインナップはセドリックと共通の直6SOHC2000cc(L20)ツインキャブユニット搭載のZ/Z-Lと、レーシングプロトタイプR380のそれをデチューンしたスカイラインGT-Rと共通のS20搭載のZ432の3車種。また、FRPパネルなどでボディを軽量化したレーシングベース車両のZ432Rも、少数が市販されました。

1970年10月に3速ATが加わり、翌71年10月には対米輸出専用だった2400ccエンジン(L24)を積む240Zが登場、トップモデルの240Z-GはFRP製のノーズピースとオーバーフェンダー、アクリルのライトカバーを装着し独自のスタイルをもっていました。
しかし、オイルショックによるアンチ高性能車ムードにあって、1973年中にはZ432と240Zが消滅、翌74年1月に登場したロングホイールベースの2by2(シートは2+2)も含めL20搭載モデルのみとなりました。

1975年9月にキャブレターをEGIに替えるなどして50年排ガス規制に適合。翌76年7月に51年排ガス規制をクリア、同時に豪華版のZ-Tを追加した後、1978年8月にフルモデルチェンジされ、S130型となりました。

今回ご紹介する車両は昭和48年前期モデルのフェアレディZの2シーターです。
5速マニュアルミッション車です。本来、4速マニュアル仕様ですが、走りを重視された前オーナーさんが5速ミッションに換装されます。
内外装の一部がZ-Lの仕様に変更されています。一つは前後のバンパーです。これは黒いラバー(オーバーライダー)付き、純正の新品パーツが装備されていました(社外品ではありません)。
また、リクライニング付きフロントシートが装備されていました。

内外装、機関をレストアされた極上のS30です。
オーナーさん、今回のS30は8台目となります。S30のことならお任せという方です。
また、ボディの修理・板金の仕事をしているため、ボディの造詣が深く、ボディから見て極上車ということでした。

【ボディ】
S30は、一般的に白、黒、マルーンが多いと思いますが、この個体はオレンジのボディカラー、それも塗装の状態は極上、旧車のイベントでは目立つこと疑いなしですね。
オーナーさんは、スポット溶接がオリジナルのまま、ボンネットの上下左右のチリが均一、ボンネットの開閉が軽い(スムーズ)、事故歴がないという証ですとお話されていました。

【インテリア】
インパネパッドに小さな割れがありましたが補修済み、それ以外は極上と思います。
フロントシートはリクライニング付き、それとシートの各金属パーツはシート生地との間に厚手のビニールシートが敷いてあり、可動時に擦り傷ができないように対策してあります。ドアスイッチは新品、ルームランプも点灯します。

【エンジン】
名機のL20型エンジンです。カムカバーはバフ掛けしてあります。
エアクリーナーも塗装済みです。
キャブレターは、オリジナルのSUのツインキャブ、OH済みです。
不具合はありません。

【足回り】
オリジナルの足回りです。ゴム・ブッシュ類は新品交換済みです。
タイヤサイズは、フロントが195/65R14、リヤが205/60R14です。
ホイールは、ワタナベの8本スポークです。

【メンテナンス】
主なレストアを以下に記します。
・エンジン脱着エンジンルーム含む同色オールペイント
※ドンガラにして塗装、新たにアンダーコートを吹く。
※くさり、錆は一切ありません。
・フロント・リヤメッキバンパー交換(純正パーツ、品質が違います)
・エンジンOH、シリンダーブロック塗装
・5速トランスミッションに換装、本体OH
・クラッチOH
・ラジエーターOH
・ノンスリップディファレンシャルに交換
・ウインドシールドガラスゴム・テールゲートガラスゴム新品交換
・フロントドアウェザストリップ、リヤクォーターガラスゴム交換
・フロントドアアウターハンドル交換
・サスペンションゴム・ブッシュ交換
その他多数交換

2シーターの前期モデルでフルオリジナルのフルレストア、事故修復暦が全く無い車は、二度と出ないと思います。
現車確認は必ずお願いします。


更新記事 2016/04/28
一時抹消でしたが今月新規で車検を取得しました。車検は平成30年4月まであります。これで安心して公道を走れます。ぜひ、極上のS30をお手元にどうぞ!!

屋根付きガレージに保管してあります。

車は岐阜県にあります。
個人売買の為、消費税などかかりません。

リサイクル費用は別途清算させて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 850万円→840万円
画像クリックで拡大出来ます
純正のオレンジカラーです
同色で全塗装です
ヒップラインは抜群ですね
 
サイドビューもカッコイイですね
 
テールランプの形状は前期モデル
純正のメッキバンパー
 
 
 
 
純正のメッキバンパー
 
エキゾーストのボディの切り欠きも前期モデル
 
サイドシルに錆なし
 
ドアパネル下に錆なし
ドアスイッチは新品
運転席周り
砲弾型のメーター
センターの3連メーター
センターパネル
フロアコンソール
グローブボックス
インパネパッドの補修跡
ドライバーズシート
パッセンジャーシート
保護用ビニールシート
ドアトリム
天井
ABCペダル
エンジンルーム
SUツインキャブレター
 
ドアトリム
ハブ掛けのカムカバー
 
 
エンジン打刻番号
 
エンジンアンダーカバー
ワタナベのアルミホイール
 
 
 
スペアタイヤ
ノンスリップディファレンシャル
 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る