エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


マツダT1500 1965年式
車検 一時抹消 走行 72,338km 備考 ディーラー車、荷台長8尺、低床三方開車、NOx・PM未対策車、1500ccエンジン、4速マニュアル、オリジナル塗装
長さ 4360mm 1810mm 高さ 1920mm 重量 1390kg 排気量 1480cc
取材日2018年4月10日

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆マツダT1500について
―――――――――――
東洋工業(現在のマツダ自動車)は1957年、ドア付きスチール製のクローズド・キャビンと丸形ステアリングホイールを採用した新型オート3輪を発売しました。
1959年にはパワーユニットを空冷V型2気筒OHVエンジンから水冷直列4気筒OHVエンジンに切り変わります。
1100ccのエンジンを搭載したモデルが「マツダT1100」、1500ccのエンジンを搭載したモデルが「マツダT1500」とネーミングされます。
その後、小型車規格改正に伴い、「マツダT1100」には1500ccエンジンが搭載、「マツダT1500」となり、従来の「マツダT1500」には2000ccエンジンの搭載、「マツダT2000」とネーミングされました。
そして1970年代初頭に「マツダT1500」が生産を終了、「マツダT2000」も1974年をもって生産終了となります。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介する車両について
――――――――――――
ご紹介する車両は1965年モデルのマツダT1500、荷台長は8尺、低床三方開車です。
現オーナーさんは昨年、お知り合いの方の紹介で購入されます。
その方はワンオーナーでご商売に使われていたそうです。
車検証の有効期限は平成15年10月28日となっていましたので車検が切れてから15年経過しています。その間は倉庫に保管されていたそうです。
現オーナーさんは車検を受けるつもりで、エンジンオイル交換、ブレーキホイールシリンダーOH、グリースアップ、バッテリー交換を行います。
しかし、現オーナーさんのお住いの地域では登録ができないとわかり、車検取得を諦めます。置いておくだけでもと一時は考えたそうですが、やはり好きな方、登録できる地域の方にお譲りした方がいいと思い、エンスーの杜への掲載依頼となりました。

〓〓〓〓
◆ボディ
――――
塗装の艶はありませんが、それなりに時代を感じさせるコンディションでした。
錆もありますがひどい箇所はありません。ウェザストリップなどのゴム類は劣化が見られます。屋根の幌に破れは見当たりませんでした。
荷台は木製、劣化はあるものの、腐りはありません。
本来は荷台に幌が付いていたそうですが、劣化がひどく廃棄したそうです。

〓〓〓〓〓〓
◆インテリア
――――――
商用車のトラックですから内張りはなく鉄板むき出しの室内です。
運転席側のメーターはスピードメーター、センターには燃料計と水温計があります。
ドアのウインドウガラスは4段階で開閉、三角窓付きです。
シートは3人乗りのベンチシート、少し破れがありますが糸のほつれなどはありません。
ウインドシールドカラス上部のパネル部には外気導入のフラップ、足元にも左右に外気導入のフラップがあります。
ヒーターは付いていません。当時ヒーターはオプションでした。

〓〓〓〓
◆機関
――――
エンジンの総排気量は1484cc、最高出力60ps/4600rpm、最大トルク10.4kgm/3000rpmの仕様です。エンジン始動はスムーズ、アイドリングは安定していました。
トランスミッションは4速マニュアルミッション、1速はノンシンクロです。
ステアリングホイールの右側にあるのがシフトレバーです。

〓〓〓〓
◆足回り
――――
フロントフォーク形状は、ハーレーダビッドソンのスプリンガー式です。
サスペンションは、フロントがコイルスプリング、リヤが半楕円リーフスプリングです。
ブレーキは前後ともドラムブレーキです。

〓〓〓〓〓〓〓
◆メンテナンス
―――――――
メンテナンスの記録はありませんでした。

積載量は1500kg、スペアタイヤは荷台に置いてありました。
やはり、実用性よりは趣味性の高い車のような気がします。
これからの季節、旧車のイベントが各地で行われますので、そのような場で多くの方に見て頂くのもいいかもしれません。

この車両はNOx、PM対策地域内では登録できませんのでご承知おき願います。

車は愛知県にあります。
個人売買の為、消費税などかかりません。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 150万円
画像クリックで拡大出来ます
オート3輪の顔です 
初代オート3輪は屋根、ドアはありません 
キャビンの形状は昆虫のようですね 
荷台サイドには文字のペイント、実用車です 
 
ラウンドしたフロントガラス 
奧目のヘッドライト 
 
AZDAのエンブレム 
フロントフォーク部、右 
フロントフォーク部、左 
フロントフォーク部の奥 
フロントフォーク部のコイルスプリング 
屋根部の幌 
特長的なフェンダーミラー 
 
時代を物語るシール 
 
バックブザー 
 
荷台前部 
荷台後部 
室内 
チョークノブ 
スピードメーター 
燃料計と水温計 
伝票を挟むクリップがあります 
ヒューズボックスカバー 
小物入れと外気導入フラップ 
天井部 
 
ベンチシート 
 
 
ABCペダル 
運転席側フロアパネル 
助手席側フロアパネル 
ドア内側 
サンバイザー 
外気導入フラップ 
ボルテージレギュレータと作業灯用コンセント 
エンジンルーム 
 
エンジン下部 
燃料タンク下部 
リヤディファレンシャル部 
リヤサスペンション部 
バッテリー 
リヤタイヤ、ホイールは6穴 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る