エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


マセラティ クワトロポルテW 1996年式
車検 31年10月 走行 22,633km 備考 ブルー・メタリック  AT 2オーナー ディーラー車
長さ 4550mm 1810mm 高さ 1380mm 重量 1590kg 排気量 2780cc
取材日2017年10月9日

クワトロポルテは1963年の初発以来、数度のモデルチェンジを経て50年以上製造されてきたマセラティ社の高級サルーンです。

その歴史の中で、シトロエン傘下の時代、デトマソ傘下の時代と初発から現行モデルまでの間に数社の傘下のもとで製造をしてきた経緯があります。

ガンティーニがデザインをした、フェラーリ(フィアット)傘下のクワトロポルテWは、次期モデルの大幅なデザイン変更からも、ビトルボなどのデザインの流れを汲んだ、最後のモデルと言っても異論はないでしょう。

1994年から2001年までに製造された台数は、2リッターから3.2 V8•Evoluzioneを合わせてトータル2400台。

このAM574を搭載する、V6 2.8•seicilindri は668台が製造されました。

大きすぎず、小さすぎず、嫌味なく・・・そして、V6ツインターボと「羊か狼か」。

インテリアは、洗練された造形美と、素材が持つ色調のコントラストをハイセンスに組み合わせており、職人の手によって高級素材を丁寧に丁寧に仕立て上げられた、息をのむほどの上質な空間です。

そこには無機質さとは無縁で、とても暖かみがあります。

工業製品を超えた、ある種、芸術作品の領域に達しているのではないでしょうか。

黒いプラスチックのカバーで覆い隠す、近代的なようなエンジンルームは、機械室といった感が否めないですが、クワトロポルテはエンジンルームも「魅せる」空間であり、設計者の思想と、洗練されたデザインが見て取れます。

エンジンの中央に大きく配われたトライデント・エンブレム。
ヘッドカバーはその色調といい、刻まれた浮き文字の「Maserati」ロゴといい、左右対称のデザインといい、ただ機能をする物を作ればいいという合理的な発想とは違い、「機械に美を与える」機械式時計と共通する世界があります。

ボンネットを開けるのも楽しくなりますね。

オーナーさんは、2006年に東京都内のマセラティ専門店より購入をされています。
購入時の走行距離は、わずか2000キロほどの新車にほぼ近い状態だったそうです。

内装には、新車時に装着されているビニールの養生が施された状態でしたが、それらはショップにお願いをして外してもらったとのこと。

ショップ曰く、初代オーナーは医師で、奥さん用に新車購入をされたが殆ど乗らず、売却をされたようです。

購入時、お知り合いの方から、「マセラティは壊れるよ」と脅されたそうですが、今までトラブルとは無縁で、現在に至っているとのことです。

主治医より、「オルタネーターを予防的な意味合いで交換をしましょう」という提案を受けトラブルを未然に防ぐために交換をされています。

他、熱対策として、ボンネット裏のインシュレーターをショップに依頼し、ワンオフで製作、取付けをされています。

外装にキズやエクボなどを見つけることはできませんでした。

内装は、もれずにプラスチックのベトベトが発生をしたそうですが、ショップに依頼をし対処済みでしたので、問題はありませんでした。

ベージュの明るい色調のレザーと、ダークブラウンのカーペットの組合わせは、足元を汚れの目立たない色としながら、相対する2つの色調が、お互いを引き立たせる仕様となっています。

機関にも問題はなく、気になるエアコン関係も寒いほど冷え、夏場も水温の上昇にヒヤヒヤすることは全くないそうです。

車検も受けたばかりで、次回は2年後です。

オーナーさんは、デザイン的な意味合いでパーツを交換することを好まず「ノーマル」をこよなく愛されていますので、変更点はETCをつけているのみです。

今までに多くのエンスー車両を乗り継いだ経緯をお持ちですが、殆どがラテン系とのことで質実剛健と評される車には、全く興味がないそうです。

質実剛健とは違うベクトルのクワトロポルテの美の世界に、特にインテリアに、抱えたいろいろな疲れが癒されるそうです。

9台ほどのエンスー車両を維持されている関係で、年間の走行距離は平均1,000kmと乗る機会があまりなく、シャッター付きのガレージに大切に保管をされています。

多くのエンスー車両を保有されているため、ガレージ整理をしたいとのことです。

僅か668台しか製造されず、痛みの見受けられない、極低走行距離で大切に維持をされてきた、車検も長いクワトロポルテです。

実車は、長野県にあります。

板金履歴や補修等も含め、車体の状態について全ての確認が取れていませんので、現状優先となります。

必ず実車の確認をお願い致します。

性能維持のため、走行距離が増えることがあります。

リサイクル券と月割りの自動車税を別途清算させて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
260万円→200万円
画像クリックで拡大出来ます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 ながの
TEL/090−3030−6290(イノウエ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
enthuno-naganomori@ivory.plala.or.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る