エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


マセラティ・クアトロポルテ エボV8 コーンズ・セリエ・スペチアーレ 2002年式
車検 31年7月 走行 33,800km 備考 ディーラー車(コーンズ物)、50台限定(シリアルNo.48/50)、V8ツインターボエンジン、4速オートマチックミッション、フルオリジナル、ナビ、ETC
長さ 4550mm 1810mm 高さ 1380mm 重量 1730kg 排気量 3210cc
取材日2017年3月17日

【4代目マセラティ・クアトロポルテについて】
マセラティ・クアトロポルテは、クアトロ(4つの)ポルテ(ドア)を持つスポーティサルーンです。
エクステリアのデザインはマルチェロ・ガンディーニ、搭載されるエンジンは285馬力を発生する2.8L V6と336馬力を発生する3.2L V8の2種類です。
どちらのエンジンもインタークーラーを持つツインターボ仕様です。組み合わされるトランスミッションは、ノーマル、パワー、アイスの3つのモードをもつ4速ATです。
サスペンションはフロントがストラット、リヤにセミトレーリングアーム、ブレーキはドリルホール付きのベンチレーテッドディスクです。
インテリアは上品なウッドと高級レザーを採用し、高級サルーンらしい演出が行われています。安全装備としてデュアルエアバッグ&ABSを標準で装着、左ハンドルのみの設定となります。

【ご紹介する車両について】
今回ご紹介する車両はマセラティ・クアトロポルテの「エボ V8 コーンズ・セリエ・スペチアーレ」です。コーンズ独自のオプションを盛り込んだ特別仕様車でオーバル型のアナログウォッチ、エンボスタイプの最上級コノリーレザーシート、シルバー塗装ブレーキキャリパー、七宝焼きエンブレム(リヤドア)を装備します。V6・V8モデルを合わせて50台の限定車、シリアルナンバー入りプレートがあり、この車両のNo.48です。特にV8は少ないとお聞きしました。

現オーナーさんは約2年前に購入、その時の走行距離は29,600kmで現在32,131km、約2年間で2500km走行したことになりますが3万km台の「エボ V8コーンズ・セリエ・スペチアーレ」はもう出ないのではと思います。
そしてボディカラーはビアンコ・バートケージ、インテリアカラーはクオイオです。
エレガントと気品溢れるクアトロポルテのオーナーになりませんか。

【ボディ】
「マルチェロ ガンディーニ」のデザイン、セダンでありながらウェッジシェーブと丸みを融合させたスタイルはうっとりとしてしまいます。
塗装の状態もよく、特に気になるような個所はありません。

【インテリア】
量感豊かな本革シートや木目パネルを多用した内装は、高級感を感じると共にイタリア車の色気を感じさせます。本革シートや木目パネルともよいコンディションです。
イタリア車でよくある内装樹脂のベタ付きは全て処理済みです。
天井の垂れはありません。

【機関】
特に不具合はないそうです。
■エンジンスペック
・エンジン形式:V型8気筒DOHC インタークーラー付ツインターボ
・総排気量:3218cc
・最高出力:336PS/6400rpm
・最大トルク:45.9kgm/4400rpm

トランスミッションは4速オートマチックトランスミッションです。

【足回り】
ノーマルの足回りです。特に不具合はないそうです。
■足回りのスペック
・ステアリング形式:ラックアンドピニオン式
・サスペンション形式(フロント):マクファーソンストラット+コイル・トーションバー
・サスペンション形式(リヤ):セミトレーリングアーム+コイル・トーションバー
・ブレーキ:フロントドリルドベンチレーティッドディスク/リヤソリッドディスク
・タイヤ(フロント):225/45ZR17
・タイヤ(リヤ):245/40ZR17

【メンテナンス】
整備記録簿が5枚あります。
現オーナーさんが購入時にタイミングベルトとウォーターポンプを交換しています。


更新記事(2017.07.20)
車検を更新、そのときに実施した整備内容を以下に記します。
・ブレーキフルード交換
・デフオイル交換
・パワーステフルード交換
・エンジンオイル&フィルター交換
・フロントブレーキホース交換
・ステアリングラックエンド(インタータイロッド)左右交換
・バッテリー交換
・ハイフレヤー交換
・DIGITEK ECU交換
・シートリペア シフトゲートポジション補修
・ブレーキマスターシリンダー交換

更新記事(2018.01.11)
ボディの一部にウォータースポットがありましたので除去しました。これでボディはツルツルになり、触ると気持ちがいいそうです。

更新記事(2018.03.15)
タイヤを新品に交換しました。タイヤの銘柄はミシュランパイロットスポーツ4です。

更新記事(2018.06.18)
メンテナンスを実施しました。内容はフロントブレーキパッド新品交換、フロントブレーキディスク研磨です。ぜひこの機会にマセラティのオーナーに!!

売却理由は車庫の整理です。
屋根・シャッター付き車庫に保管。

車は愛知県にあります。
個人売買の為、消費税などかかりません。
リサイクル費用と自動車税の月割り負担分は、別途、清算させて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 339万円→298万円(価格応談可)
画像クリックで拡大出来ます
気品を感じるボディカラー 
グリルセンターに伝統のエンブレム 
柔らかいボディラインですね 
リヤデザインもシンプルでいいですね 
トランクセンターに伝統のエンブレム 
 
リヤホイールアーチのカットが独特ですね 
 
右ヘッドライト 
左ヘッドライト 
バンパーからのぞく4本エキゾースト 
左テールライト 
右テールライト 
エンブレムは「三叉の銛」がモチーフ 
V8エヴォルツィオーネのエンブレム 
サイドシルアンダーボディ左 
サイドシルアンダーボディ右 
フロントホイール・タイヤ 
リヤホイール・タイヤ 
運転席コックピット 
コンビネーションメーター 
センターコンソールのラ・サール金時計 
センターコンソール 
アルカンターラ地のメーターカバー 
インパネパッドもアルカンターラ地 
きれいなウッドパネル 
ドライバーズシート 
パッセンジャーシート 
リヤシート 
ABペダル 
シリアルナンバープレート 
アルカンターラ地の天井(フロント) 
アルカンターラ地の天井(リヤ) 
フロントドアトリム 
リヤドアトリム 
 
 
リヤウインドウガラスのサンシェード 
エンジンルーム 
伝統の赤色ロッカーカバー 
 
 
 
 
エンジンオイルパン部 
トランクルーム 
スペアタイヤ 
リヤディファレンシャル部 
取説、整備手帳、キー、カタログなど 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る