エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


いすゞ ピアッツァ ハンドリングバイロータス 1989年式
車検 なし 走行 141,335km 備考 AT車 
長さ 4380mm 1670mm 高さ 1300mm 重量 1270kg 排気量 1990cc
取材日2018年1月13日

今回ご紹介するのはいすゞピアッツァ ハンドリングバイロータースになります。

先代の117クーペの後継機種として注目されたピアッツァですが、色々なメーカーとのタイアップや販売経路が多様化するなど何となく時代に翻弄された車というイメージもあります。

117クーペ同様デザインをジウジアーロが担当していて国産車には無かったシャープでコンパクトなデザインが当時印象的でした。

今回ご紹介する車両は初代ピアッツァの流れをくむJR120型の中でも直4SOHCターボを搭載するもので「handling by LOTUS」を冠する最初のモデルとなった物と思われます。

【機関】
エンジン一発始動で調子よく吹き上がりました。

現在車検がありませんので試乗は出来ませんでしたが、アイドリング等も安定しており問題無さそうです。

足回りはリアにダウンサスが入っています。フロント側は一度ダウンサスに交換されたのですが、あまりにも低くなりすぎた為、ノーマルサスを少しカットした物を装着されているそうです。

足元はENKEIのゴールドとシルバーのコンビのメッシュホイールを装着しています。

【外装】
ダークグリーンにゴールドのロゴとピンストライプでロータスをイメージさせるカラーリングとなっています。

ロゴステッカーやピンストライプのステッカーに所々剥がれが見られます。

ボディには細かい線キズ等見られますが塗装の状態などは年式相応といった感じです。

助手席側のドアとリアハッチに小さなエクボが有ります。

フロントサイドのマーカーはどうやらLEDのようなので後付けの物と思われます。

【内装】
レカロにも劣らないと言われたhandling by LOTUS専用シートは程よいホールド感でとても座り心地が良いです。

シートに多少の日焼けが見られます。

助手席側、リアシートに破れた箇所ありです。

ダッシュボードには割れが3箇所ほど確認出来ました。

ステアリングはナルディの物に交換されています。純正のMOMOのステアリングも付属いたします。

シフトノブは社外の物に交換されています。

CDコンポが着いていますが、不動との事です。

車は現在、鹿児島県にあります。

個人のため諸費用等かかりませんがリサイクル料(¥9750)のご負担をお願いいたします。

陸送等は購入者様の方で手配をお願いいたします。

【お問い合わせに際して】
このページの車両は車の個人売買の情報サイト「エンスーの杜」に掲載されたものです。
エンスーの杜は自動車販売店では無く、広告代理店であり、掲載車両は個人所有の物で、オーナーさんの依頼により取材を行ったものをFOR SALEとして掲載しています。

記事内容は担当者が1時間程度の取材時間の中で、オーナーさんのコメントと、見聞したものを元に作成したものですので、現車の状態を100%正確に記載しているとは限らない場合があり、記事内容に関しても全てエンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。

状態等のコメントもあくまで取材時の状況及び取材担当者の主観によるものですので、月日が経過して写真や記事と異なる場合がある事をご承知おき下さい。

掲載車両に関してのご質問や現車確認のお申込はこのページの一番下よりご連絡下さい。なお個人間での取引となりますので、冷やかし防止のため、現車確認はあくまで購入を前提として検討されている方のみとさせて頂きます。

93万円
画像クリックで拡大出来ます
ハーフリトラで渋い顔つきです 
ジウジアーロによるシャープなデザイン 
少々強面な印象を受けますね 
少しスモークが入ったヘッドライト 
バンパーにはISUZUの型押しロゴが 
フロントグリルの塗装剥げ 
ボンネットの塗装の状態、良いですね 
 
左ミラーに線キズ有ります 
 
サイドのマーカーは後付けの物 
リアスポイラーが雰囲気を上げてますね 
ボーイズレーサーっぽいリアスタイル 
レンズ類の劣化は少ないようです 
 
ロゴステッカーに剥がれが見られます 
日除けのメッシュシートの日焼け跡 
 
この2つのプレートだけで心躍ります 
ドアノブの状態、線キズ有ります 
ドアトリム、比較的綺麗です 
ドアの縁 
ドアの下廻り、錆は少ないです 
サイドシルも割としっかりしています 
レカロを思わせるようなデザインです 
ステアリングはナルディ製に交換 
非常に攻めたデザインのインパネ周り 
 
シフトノブは社外品 
コンソールの傷みは少ないですね 
 
シート裏のネットには撓みが有ります 
 
 
 
助手席サポート部分の破れ 
 
リアシートヘッドレストの破れ左側 
リアシートヘッドレストの破れ右側 
意外に広いラゲッジスペース 
フロントフードの裏側 
2.0L直4のSOHCターボエンジン 
カタログ上の最高出力は150ps 
フロントから見た下廻り 
リアから見た下廻り 
サイドシル下@ 
サイドシル下A 
ダッシュボードの割れ 
ENKEIのコンビのメッシュホイール 
付属の純正ハンドルと取説類 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 南九州オフィス
TEL/070-6597-4547(ハシグチ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
spwbj855@yahoo.co.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る