エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


シボレー・アストロ スタークラフト 2004年式
車検 2018年12月 走行 153,650km 備考 正規輸入車(三井物産もの)、1ナンバー登録、HDDナビゲーション、ETC
長さ 4860mm 1980mm 高さ 1930mm 重量 2140kg 排気量 4290cc
取材日2018年10月9日

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆シボレー・アストロについて
――――――――――――――
シボレー・アストロはアメリカの自動車メーカーであるGM(ゼネラルモーターズ)がシボレーブランドで販売したミニバンです。
1985年から2005年にかけて生産され、姉妹車にGMC・サファリがありました。
日本で名が知られるようになったのは、タレントの所ジョージさんが所有していたアストロが自動車雑誌「Daytona」で取り上げられたことによります。
従来はアメ車というとコルベットやマスタングなどのマッスルカーをイメージしがちですが、ミニバンという選択もあるのかと世の中の男性陣がこぞってアストロに目を向けました。このことにより1990年代前半にアストロブームが巻き起こり、多くの並行車が輸入されます。
そして三井物産オートモーティブが窓口となって米スタークラフト社でカスタマイズされたコンバージョンバンが正規輸入されました。
1993年からは当時、GM車のインポーターであったヤナセが正規輸入を開始し、一時は姉妹車のGMC・サファリを含めて年間1万台近くも輸入(大部分は並行輸入)されたといいます。
1995年にモデルチェンジ後、アメリカ車のヘッドライトは上位・中位グレードは当時のシボレーのピックアップトラックと同じコンビネーションライト(シェビートラックマスク)を採用、廉価グレードと貨物車仕様として角形2灯を採用していました。
しかし、ヤナセと三井物産の正規輸入車は上位グレードにもかかわらず、しばらくの間は並行輸入車との識別のため角形2灯を採用していたそうです。
1999年モデルから正規輸入車もコンビネーションライトに変更されました。
その後、輸入業者は日本GM、最終的にはスズキ自動車と移行しました。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介する車両について
――――――――――――
今回ご紹介する車両は三井物産オートモーティブが扱った正規輸入のシボレー・アストロ スタークラフト、二代目の後期型モデルです。ロールーフモデル、4.3リッターエンジン、4速オートマチック、フルタイム4WD車です。
シボレー・アストロは、ハイルーフモデルが多く、ロールーフモデルは少ないそうです。

現オーナーさんは約3年前に当時所有していましたコルベットC1が、あるアメ車専門雑誌に掲載されることになり、その時の取材に来ていたカメラマンがアストロを所有、話をしているうちに購入となったそうです。そのアストロはそのまま置いて、カメラマンは職場に帰ったそうです。

購入後は、3回ぐらい遠出をしたそうですが最近はあまり乗る機会がなく、エンスーの杜への掲載となりました。
三井物産が当時輸入したモデルは全て8ナンバーでしたが、このアストロは1ナンバーに変更しています。

〓〓〓〓
◆ボディ
――――
きれいな塗装のボディです。両サイドにあるステッカーにキズは、ほとんどありませんでした。丁寧に扱われていた個体と思われます。
サイドドア(電動ではありません)は右側のみ、バックドアは3分割で上部は上下の開閉式、下部は左右の開閉式となっています。
ホイールは純正の16インチアルミホイール、タイヤサイズは前後共215/70R16です。

〓〓〓〓〓〓
◆インテリア
――――――
豪華なインテリアです。特に本革シートのルーズクッションは応接間に置かれるソファのようです。インパネや天井、サイドのデッキなど、ウッドパネルを多用しています。
天井は間接照明となっています。
パナソニック製のHDDタイプのナビが装備しています。

〓〓〓〓
◆機関
――――
4.3リッターのV6エンジン、4速オートマチックの組み合わせです。4WDは後輪のスリップを感知すると自動的に4WDに切り替わるオールホイールドライブシステムを採用しています。
気になる個所が一個所あります。それはファンベルトから音がすることです。オーナーさんのお話ではプーリーがファンベルトに擦れることが原因のようです。
あとは特に不具合はないそうです。
◆エンジン仕様
エンジン種類:水冷V型6気筒OHV
最高出力:190ps(140kW)/4400rpm
最大トルク:34.6kg・m(339.3N・m)/2800rpm
総排気量:4295cc
◆トランスミッション
4速オートマチックトランスミッション
◆駆動方式
フルタイム4WD

〓〓〓〓
◆足回り
――――
標準仕様の足回りです。
◆ステアリング形式:パワーステアリング(ボールナット式)
◆サスペンション形式(前):ダブルウイッシュボーン式トーションバー
◆サスペンション形式(後):車軸式リーフスプリング
◆ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク
◆ブレーキ形式(後):ドラム(リーディングトレーディング)

シャッター付きガレージに保管しています。

車は愛知県にあります。
個人売買の為、消費税などかかりません。
リサイクル費用と自動車税の月割り負担分は、別途、清算させて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 108万円
画像クリックで拡大出来ます
角型の4灯は後期モデルです 
3分割になっているテールゲート 
エアロパーツを装備 
 
シンプルなリヤビューです 
 
左側サードビュー 
右側サイドビュー(サイドドアあり) 
ヘッドライトRH 
ヘッドライトLH 
サイドのストライプテープ 
リヤクォーターウインドウガラス(センター) 
リヤクォーターウインドウガラス(後席) 
テールライトLH 
テールライトRH 
コックピット 
コンビネーションメーター 
ライトスイッチ 
センターコンソール(HDDナビ装備) 
 
ドライバーズシート 
パッセンジャーシート 
セカンドシートRH 
セカンドシートLH 
サードシート 
 
サイドステップ部 
後席のデッキ 
ビデオデッキ用の差し込み口 
リヤスピーカー 
天井の照明ライト部 
 
フロントドアトリム 
エンジンルーム 
 
 
三井物産の銘板 
エンジンオイルパン部 
トランスミッションオイルパン部 
上側のテールゲートを開けたところ 
下側のテールゲートを左右に開けたところ 
 
 
 
 
スペアタイヤ 
ルーフレール 
純正16インチのアルミホイール 
取扱説明書など 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る