エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


メルセデスベンツ280SL 1969年式
車検 2018年11月 走行 不明(メーター読み:70,500km) 備考 中古並行車、左ハンドル、4速オートマチックミッション、クーラー装備、ETC
長さ 4300mm 1770mm 高さ 1310mm 重量 1510kg 排気量 2770cc
取材日2018年6月19日

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆メルセデスベンツSL(W113)について
―――――――――――――――――――
メルセデスベンツ300SL、190SLの後継モデルとして1963年にW113(縦目のSL)は登場しました。
最初に登場したのが230SL、1963年にジュネーブショーでデビューします。当時の4ドアセダンのフロアを短縮し、SOHC直列6気筒エンジンを搭載、サーボ付きフロントディスクブレーキ採用、また軽量化のため、ボンネット、ドア、トランクリッドをアルミ製にしました。サスペンションはフロントダブルウィッシュボーン、リヤスイングアクスルです。ソフトトップとは別にハードトップも用意され、さらにオートマチックやパワーステアリングも選択できました。
次に250SLが登場、1967年から生産を開始します。新設計の2.5Lエンジンは街乗り重視のため、2.3Lよりトルクが向上しました。また、このモデルよりリヤディスクブレーキが採用されます。
最後に登場したのが280SL、1968年から生産を開始します。排気量を2.8Lとし、170馬力を発生、ギア比の変更などにより、快適なGTカーとなりました。
280SLは1971年まで生産され、3代目 R107へバトンタッチします。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介する車両について
――――――――――――
今回ご紹介する車両は、メルセデスベンツ280SLの4速オートマチック車です。
初年度登録は1993年9月、中古並行車ですがレストアされた個体です。
特に目を引くのはきれいなブルーのボディカラー、街中で注目されること間違いありません。颯爽と走り去る280SL、カッコイイですね。

〓〓〓〓
◆ボディ
――――
ボディカラーはブルーメタリック、全塗装していますのでクリアもあり、きれいな状態です。メッキパーツも輝きがあります。
幌は黒色、リヤウインドウは透明できれいな状態です。
同色のハードトップ付きです。

〓〓〓〓〓〓
◆インテリア
――――――
よいコンディションです。インパネパッドに割れはありません。
計器類は正常に作動していました。
シートや内張りも張り直してありますのできれいな状態です。
オーディオはベック製のAM/FMラジオを装着、アンテナは手動式です。
クーラー付き、正常に作動していました。

〓〓〓〓
◆機関
――――
機関に不具合はありませんとお聞きしています。
エンジンは軽くふき上がりますので調子がいいと思いました。
シフトショックは多少あります。

〓〓〓〓
◆足回り
――――
特に不具合はないそうです。
タイヤサイズは、前後ともP195/75R14です。

〓〓〓〓〓〓〓
◆メンテナンス
―――――――
残っている整備記録を以下に記します。
◆2012年5月
・スパークプラグ清掃
・エンジンコンプレッション測定
・イグニッションコイル配線修正
・アイドルアップリレー取り付け
・アクセルリンクエンド交換
・ATバキュームユニット点検
・ブローバイホース交換
・ウォームアップレギュレーター調整
・コールドスタートバルブ清掃
◆2012年9月
・SL-1コンプレッサー用リレー交換
・SL-1補助ファン用リレー交換
・レシーバー&ドライヤー交換
・R134冷媒ガス充填
・アイドルアッププーリーのベアリング交換
・コンプレッサーのベルト交換
・補助ファン取り付け
・エンジンクリーナー
・吸入用サービスバルブ交換
・吐出用サービスバルブ交換
・発電器のベルト交換
・コンプレッサーオイル給油
・燃料計修理
・ボンネット修理
・エアコン、ブロワースイッチ接点修理
・燃料ホース交換
・シャシーグリースアップ
・マフラー修理
・スパークプラグ清掃
・コンプレッサー交換
・ファンカップリング交換換

屋根付き車庫に保管。

車は愛知県にあります。
法人登録の為、消費税がかかりますが掲載価格は消費税込みの価格です。
リサイクル費用と自動車税の月割り負担分は、別途、清算させて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 880万円
画像クリックで拡大出来ます
ブルーのメタリックカラーです 
魅力的な左右のフェンダーの膨らみ 
大人のクーペ 
サイドビューは最高 
リヤフェンダーも少し膨らみがあります 
 
縦目といわれるヘッドライト 
 
フロントグリル、メッキがきれい!! 
 
シンプルなテールライト 
 
トヨタ博物館が開催するCCFバッジ 
左サイドシル部 
右サイドシル部 
コックピット 
 
タコメーター 
スピードメーター 
インパネセンター部 
クーラー装備 
 
シフトコントロールレバー 
ウッドパネル 
ドライバーズシート 
パッセンジャーシート 
 
天井@ 
天井A 
ドアトリム 
室内側のフロアパネル 
エンジンルーム 
 
 
 
 
 
 
エンジンオイルパン部 
ATオイルパン部 
トランクルーム 
 
 
スペアタイヤ 
フロントサスペンション部 
リヤサスペンション部 
リヤディファレンシャル部 
エキゾーストマフラー 
純正ホイールカバー 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る